AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

ARで矢印を表示して道案内!メルセデス・ベンツの新車「Eクラス」のカーナビにAR機能が搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

メルセデス・ベンツは2020年9月10日、ARを活用して実際の景色に道案内を映し出す日本初のカーナビ技術を搭載した新型「Eクラス」を発表しました。

カーナビに実際の道が表示され、進行方向を映像上で示してくれる。

出典:メルセデス・ベンツ日本株式会社

本車は、日本で販売される乗用車の中で初めてカーナビにAR技術が搭載されました。車に取り付けられたカメラで前方の景色を画面に映し出し、矢印を進行方向に表示するものとなっています。

「ハイ、メルセデス。東京タワーに行きたい」と話しかけると、人工知能が搭載されたカーナビと会話をしながら操作することができます。交差点にさしかかると、実際の道路の映像がカーナビに映し出され、青い矢印の進むべき方向への表示とともに、地図表示もおこなわれ、運転をサポートしてくれます。

本機能によってドライバーがフロントガラス越しに見ている風景と同じ風景に進むべき方向に矢印が表示されるため、複雑な道が集まる多叉路でも曲がる場所がわかりやすくなります。 またメルセデス・ベンツのサイトによると、信号の色も表示され、信号が見にくい停車位置に止まったときも便利になるとのことです。

メルセデス・ベンツの新型車「Eクラス」は、9月10日から予約を受け付けていて、価格は769万円からとなっています。

ARGO編集部のひとこと

メルセデス・ベンツはこれまでも海外販売車にAR機能を搭載したカーナビを発表していましたが、今回日本で初めてAR機能が搭載されたカーナビつきの新車が発表され利用できるようになりました。自動車業界では今後HUD(ヘッドアップディスプレイ)を利用し、フロントガラス上でAR表示ができるよう研究を重ねています。ナビゲーションにARが搭載されることでますます便利になっていくでしょう。

INFO

関連リンク

  1. メルセデス・ベンツ日本株式会社-Mercedes me connect

関連記事

ランボルギーニ、ARで最新モデル「ウラカン EVO RWD Spyder」を公開。精巧な3DCGモデルを自宅で堪能できる

ランボルギーニ、ARで最新モデル「ウラカン EVO RWD Spyder」を公開。精巧な3DCGモデルを自宅で堪能できる

ARで新型SUV「ディフェンダー」の走りをで体感できる「DEFENDER AR」が公開

ARで新型SUV「ディフェンダー」の走りをで体感できる「DEFENDER AR」が公開

ARナビでもう迷わない!Googleマップの「ライブビュー機能」

ARナビでもう迷わない!Googleマップの「ライブビュー機能」


COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION