AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

OPPOがARグラス「OPPO AR Glass2021」を発表!ARプラットフォームの同時発表でAR開発者を支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

OPPOは2021年モデルのARグラス「OPPO AR GLASSES 2021」を新製品・新テクノロジー発表イベントで公開しました。OPPO AR GLASSES 2021は、高性能なセンサーを多数導入していることでARと現実をより自然に重ね合わせて表示することができます。

発表会でお披露目されたOPPO AR Glass2021

出典:OPPO

OPPO AR Glass2021は、センサーとディスプレイを内蔵しており、OPPO製のスマートフォンと接続し組み合わせて使用できるようになっています。

超広角ステレオカメラ、TOFセンサ、RGBカメラ、6DoFモーションセンサなどを搭載し、センサの組み合わせで高精度なハンドジェスチャを認識したり、ミリ秒単位のローカライゼーションに対応してユーザーの姿勢や位置を高精度に認識でき、ARと現実を自然に重ね合わせて表示可能であるとのこと。

ディスプレイには0.71インチ有機ELを採用して3m先に90インチの大画面を表示しているとのことで、VRゴーグルのように完全視界を覆うものではなく、現実世界と同居する視野を実現したものとなっています。

また、本製品はこれまでのモデルと比べ質量を75%軽量化し、つけ心地やフィット感を向上させています。

OPPOがこれまで公開していたOPPO AR Glassはマイクロソフトのホロレンズのようなゴーグル型のものでしたが、今回のARグラスでは左右のディスプレイが分断されたスプリットタイプのデザインで、Birdbathと呼ばれる光学設計を採用することで小型化・軽量化を実現したと紹介しています。

同社では、本ARグラスの発表にあわせ、自社クラウド上のARアプリケーションプラットフォーム「OPPO CybeReal」も発表しています。「OPPO CybeReal」は、現実世界をセンチメートル単位で複製しクラウド上に保存、ARグラスのセンサーと合わせた高速なローカライゼーションや、現実世界とARアプリケーションの高度なインタラクションを実現するもの。AR開発者プログラムを2021年より公開し、開発者用のARグラスや独自APIの提供を行い、AR開発の後押しをするとのことです。

ARGO編集部のひとこと

OPPOもARグラスを発表しました。またAR開発者向けプログラムの提供を行い、自身の製品を活用したAR開発の後押しを行い、ARに力を入れています。センサが多数搭載され、機能としてできることが増えているため、今後のコンテンツ導入に期待です。 MRグラスを提供するNreal Lightではハンドトラッキング機能が搭載されています。

INFO

関連リンク

  1. OPPO プレスリリース

関連記事

MRグラス「Nreal Light」にハンドトラッキング機能が追加!直感的な動作が可能に

MRグラス「Nreal Light」にハンドトラッキング機能が追加!直感的な動作が可能に

ARゲーム「ロイと魔法の森」がMagic Leap1コンテンツとしてドコモのPLAY 5Gコーナーに採用!

ARゲーム「ロイと魔法の森」がMagic Leap1コンテンツとしてドコモのPLAY 5Gコーナーに採用!

「Apple Glass」にARを活用したプライバシースクリーン機能が搭載予定 メガネ装着者のみスクリーンが見れる

「Apple Glass」にARを活用したプライバシースクリーン機能が搭載予定 メガネ装着者のみスクリーンが見れる


COCOARバナー画像

ホワイトペーパーダウンロードページはこちら

メルマガ登録はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION