AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

TOP > MEDIA > ARニュース > 「ボルダリング×AR」の新感覚アクティビティが登場。オリンピックに向け注目集まる

「ボルダリング×AR」の新感覚アクティビティが登場。オリンピックに向け注目集まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2020年東京オリンピックの正式種目となった「スポーツクライミング」。その種目の一つであるボルダリングにおいて、世界的に見ても高いレベルを誇る日本は、選手層も非常に厚く「ボルダリング大国」と呼ばれています。そんなボルダリングシーンに、ゲーム性のある新しい楽しみ方を備えた新感覚スポーツ「ARボルダリング」が登場し、話題になっています。

ARボルダリングはフィンランド発祥のスポーツで、現在28か国に展開されています。プロジェクターでプログラミングされた映像を壁に投影することで、ボルダリングをしながらゲームを楽しめる新感覚アクティビティです。

フィンランド発のARボルダリングブランド「ValoClimb(ヴァロ・クライム)」は、2018年7月25日~27日に東京ビッグサイトにておこなわれた「SPORTEC2018」に出展。株式会社ヒューネットが日本輸入総代理店を務めました。

2人で左右に分かれてボールを打ち合う「ピンポンゲーム」や飛んでくるコウモリにタッチして減らす「もぐらたたき」のようなゲーム、仮想電線に触れないようにゴールを目指す「イライラ棒」などの5種のゲームを搭載。TVゲームの登場人物のようにさまざまなプログラミング体験が可能で、プレイヤーはもちろん、観客も楽しめる仕様になっています。「ValoClimb」は、ヒット商品を消費者の視点で徹底検証する雑誌・日経トレンディの『2019ヒット予測100』25位に選出されています。

また、株式会社アクアリングもARボルダリングブランド「WONDERWALL(ワンダーウォール)」を発表しています。音と光の競演をテーマにした陣取りクライミングゲームや、打ち上がった尺玉にタッチして花火を咲かせる「HANABI」など、誰でもすぐに楽しめる4種のゲームが搭載されています。

こちらは、インターネット界のアカデミー賞とも評される「Webby賞」のゲーム・スポーツカテゴリーで「The Webby Award」を獲得しており、今後の展開が注目されています。

ゲーム要素を盛り込んだARボルダリングを体験し、クライミングの楽しさを味わってみてはいかがでしょうか。

INFO

関連リンク
  1. ValoClimb(ヴァロ・クライム) 公式サイト(英語版)
  2. WONDERWALL(ワンダーウォール) 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

RECOMMEND

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。