AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

最新デジタルテクノロジーが集結!渋谷PARCOで活用されているAR/VRをまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
2019年11月22日(金)、東京都渋谷区の大型商業施設「渋谷PARCO」がオープンしました。本館は「次世代デジタルファッションビル」を目指しており、AR/VR技術のほか、デジタルサイネージなどの最新テクノロジー技術が取り入れられています。

東京都渋谷区にある大型商業施設「渋谷PARCO(パルコ)」が建て替えられ、2019年11月22日(金)にグランドオープンしました。

2019年11月22日(金)にグランドオープンした渋谷PARCO(パルコ)外観

出典:渋谷PARCO

2016年8月に休業して以来、約3年の時を経て生まれ変わった渋谷PARCO。本館はリアルとバーチャルを融合した「次世代デジタルファッションビル」を掲げており、各フロアにはAR/VR技術をはじめ、最新デジタルテクノロジーが随所に取り入れられています。

そこで今回はPARCOで採用されているAR/VRの活用事例をご紹介♪最新技術が集結した渋谷PARCOの魅力をお届けします✨

1.【飲食/地下1階】ARとスイーツを組み合わせた喫茶店「ティフォニウム・カフェ」

地下1階では、以前ARGOでも取り上げたお台場渋谷に展開している魔法じかけのVRテーマパーク「ティフォニウム」の新業態カフェ「ティフォニウム・カフェ」が開店。AR/VR技術を使ったスイーツを提供しています。

AR×スイーツ体験ができる「魔法パフェ®」

出典:ティフォニウム・カフェ 渋谷PARCO

注目のメニューは、ARとスイーツを組み合わせた『魔法パフェ®』。店内にあるタブレットでパフェを映すと、華やかなAR映像が画面上に出現します。注文時に配られるコースターにもARが設定されており、パフェが来るまでの間も来店客を飽きさせない工夫がされています。Twitter上では早くも『#魔法パフェ』のタグで人気が集まっているよう。

そのほかにもARを利用して相手に想いを伝えられる『ティフォニウム・チョコレート』(全4種類)や、VRでタロットの世界を体験できるアトラクション『タロットVR』など、「トワイライト・サーカス」をコンセプトに、幻のサーカスをイメージした非日常的な空間のなかで、ARを駆使したスイーツを楽しめます。


2.【アート/5階】AR/VR/XR技術を活用した最先端のデジタルアート

館内のいくつかの場所では、「SHIBUYA XR SHOWCASE」というXR技術を使ったバーチャルショーケースが展開され、いろいろなアートを楽しめます。

渋谷パルコ5階で行われているARアート「Worlds end supernova」

出典:SHIBUYA XR SHOWCASE

たとえば5階吹き抜けではARアート「Worlds end supernova」という常設展示が設置され、レノボ社製のVRヘッドセット「Mirage Solo」を着用しての鑑賞が可能です。

昨年開催の「NEWVIEW AWARDS 2018」でPARCO賞を受賞したVR空間デザイナー・Discont氏が手掛け、単なるAR映像に留まらず、鑑賞中の選択によって結末が変わるインタラクティブアートになっているとのこと。

渋谷パルコ5階で行われているARコラボアート「#calif SHIBUYA」

出典:#calif SHIBUYAページ

また特設会場では、次世代型セレクトショップ「calif」とグラフックアーティスト・ステレオテニス氏によるARコラボアート「#calif SHIBUYA」を展示中。壁面にあるARマーカーを読み取ると、画面上に絵の中のオブジェクトが現れ、バーチャルフォトスポットが出現します。開催はオープンから2019年12月下旬を予定とのこと。

ARコンテンツの再生・閲覧には、株式会社Psychic VR Labが開発したARアプリ「STYLY」(iOSAndroid)が必要。アプリリリースを記念して、両ARアートが制作されました。


3.【アパレル/5階】試着室はもう不要!?「calif SHIBUYA」が3Dバーチャルフィッティング「FXMirror」を導入

「FXMirror」とは利用者のアバターを生成し、3Dバーチャル試着ができるバーチャルフィッティングミラーです。MR技術とトラッキング技術をベースに、ユーザーの顔の表情や身体動作を3Dアバターにリアルタイムで反映することにより、自然な仮想フィッティングが行えます。

ミラー内で着用イメージを確認できるため、予約商品やネット限定商品、在庫切れなど店頭に商品がない場合でも試着可能です。 試着画像をQRコードで携帯へ送信し、自社アプリで着せ替えできる機能も備えています。アバターは大人だけでなく、子どもも作れるので試着を嫌がる子どもにも有効です。

「calif SHIBUYA」では「FXMirror」をはじめ、タブレットを用いたオムニ接客も実施。近代的なショッピング環境を作り、ユーザーに新たなカスタマーエクスペリエンスを提供するとしています。


4.【アイウェア/5階】新感覚、メガネをかけたまま試着できる「MEGANE on MEGANE(メガネオンメガネ )」

「JINS渋谷パルコ店」にて提供中のメガネをかけたまま試着できる「MEGANE on MEGANE(メガネオンメガネ )」

出典:JINS渋谷パルコ店

JINS渋谷パルコ店では、世界初となるAR技術を用いてメガネを着用したままメガネを試着できる「MEGANE on MEGANE(メガネオンメガネ )」サービスを行っています。

デジタルサイネージ(電子看板)の指定場所に試着したいメガネを置くと、いま掛けているメガネが顔から消え、試着したいメガネのみが画面上に出現します。本サービスにより、矯正視力を保ったまま試着姿を見られるようになるため、これまでメガネユーザーの最大の悩みであった「メガネを試着した際、周囲がよく見えない」という課題を解決。自分に合ったメガネを見つけられます。

さらにAIがメガネの似合い度を判定する「JINS BRAIN(ジンズ ブレイン)機能」も実装。バーチャル試着のみならず、AIによる客観的な判断をもらえるとのことです。


5.【アート/1階】常設型ショールームストア「BOOSTER STUDIO by CAMPFIRE」にてMRスマートグラス「nreal light」を活用したARアートを展示

2019年11月22日(金)~24日(日)までの間、MRスマートグラス「nreal light」を活用した、ARアート展示が常設型ショールームストア「BOOSTER STUDIO by CAMPFIRE」にて行われました。

「BOOSTER STUDIO by CAMPFIRE」

出典:CAMPFIRE プレスリリース

展示作品は、ファッション・カルチャー・アート分野のVRコンテンツを世界中から公募した「NEWVIEW AWARD2019」のファイナリスト作品。今回の展示にあたり、XRを利用したアート展「INVISIBLE ART IN PUBLIC」で展示された作品の一部をnreal light向けに最適化したとのことです。

「nreal light」はこのようなARアート作品鑑賞のほか、株式会社MESONらによるARコミュニケーションサービスの共同研究ツールとしても利用されています。渋谷PARCOら三者共同にある渋谷区も5G×ARによる「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」を企画したりと、渋谷では民間・区を問わず、AR技術を生かしたスマートグラスやプロジェクトが行われています。


AR/VRコンテンツのご紹介は以上になります(*^^*)ここからは番外編と題して、渋谷PARCOで取り入れられているAR/VR以外の最新デジタルテクノロジーをお見せします✨

番外編

【アニメ/6階】「ポケモンセンターシブヤ」の入り口に、等身大ミュウツーが登場!

「ポケモンセンターシブヤ」に設置されている等身大ミュウツー

出典:ポケモンセンターシブヤ

アニマトロニクス技術(生物を模したロボットを使って撮影する技術)によって、ミュウツーのリアルな質感を再現。さらに背面のLEDディスプレイの映像照明と音声が組み合わさり、圧倒的な存在感を演出しています。

【eスポーツバー/6階】日本初の大型eスポーツパブリックビューイングカフェ「価格.com GG Shibuya Mobile esports cafe&bar」

価格.com GG Shibuya Mobile esports cafe&barイメージ外観

出典:価格.com GG Shibuya Mobile esports cafe&bar

ネーミングライツパートナー「価格.com」を冠する本店舗は、フロアの前方に大型モニターがあるほか、壁面や天井にも複数のモニターを設置し、映像を快適に視聴できる仕組みになっています。ドリンクやフードを提供するためのキッチンはもちろん、カウンター席には電源と有線LANポートなども完備。飲食を楽しみつつ、大人数でゲームのプレイと観戦できる設備が整っています。急速に広がりつつeスポーツ観戦バーとしての今後の発展が期待されます。

【アパレル/2階】「THE NORTH FACE LAB(ザ・ノース・フェイス ラボ)」にて3Dスキャンシステムを用いたウェアカスタマイズサービスを実施

「THE NORTH FACE LAB」が展開する3Dスキャンシステムを用いた「141 CUSTOMS(ワンフォーワンカスタムズ)」

出典:THE NORTH FACE LAB

「THE NORTH FACE LAB」では、3Dスキャンシステムを用いたウェアカスタマイズサービス「141 CUSTOMS(ワンフォーワンカスタムズ)」を展開しています。

店内には3Dスキャニングマシーンが設置されており、専用スーツを着て3Dスキャンを行なうと、自分の体型を反映したアバターが作成され、カラーやサイズのカスタマイズができます。2019年秋冬シーズンにカスタマイズできるのは、「MOUNTAIN JACKET(マウンテンジャケット)」、「DENALI JACKET(デナリジャケット)」、「NUPTSE JACKET(ヌプシジャケット)」の3点とのことです。

【オムニチャンネル型売り場/5階】大型ディスプレイ・タブレットと自分のスマートフォンをリンクさせ、商品を購入できる「PARCO CUBE」

大型ディスプレイ・タブレットと自分のスマートフォンをリンクさせ、商品を購入できるPARCO CUBE

出典:PARCO CUBE

店頭販売に加えて、ショップ内外の大型ディスプレイ・タブレットと自分のスマートフォンを リンクし、存分にアイテムに出会い選べるオムニチャネル型の売場を展開しています。リアルとデジタルの良いとこどりで、その人に寄り添った買い方を提案してくれるとのこと。

【AI搭載の瞬間移動ロボット/各階】顧客の案内をAI搭載ロボット「temi(テミ)」を導入

AI搭載の瞬間移動ロボット「temi(テミ)」

出典:PARCO CUBE

AIアシスタント機能を持つ自律走行型パーソナルアシスタントロボット「temi」が導入されています。顧客の案内を目的に試験導入され、12月にはインフォメーションスタッフが問い合わせに回答するサービスも実施予定とのこと。

終わりに

かつてないほどのデジタルテクノロジーが導入されていましたね(^^♪ どの店舗も興味深く、いますぐにでも駆け込みたくなりました(笑)。AR/VRをはじめとした最新技術によって、いままでにないショッピング体験ができそうです。皆さんもぜひ一度渋谷PARCOに訪れてみてはいかがでしょうか。

INFO

店舗情報「渋谷PARCO」

住所:東京都渋谷区宇田川町15

電話:03-3464-5111

営業時間:【物販】10時~21時、【飲食】11時~23時30分 ※一部店舗は営業時間が異なります。

定休日:不定休

関連リンク

  1. 渋谷PARCO

COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION