AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

AR/VRで「FINA世界水泳2022福岡大会」をサポート!先進技術で「水泳の未来」をつくりだす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

株式会社ビーブリッジがAR/VRを活用して「第19回FINA世界水泳2022福岡大会」を技術面においてサポートすることを発表しました。同社のAR/VR技術が採用されることが決定し、「水泳の未来」及び「地域の未来」の創造を目指す大会運営に貢献します。

「WATER MEETS THE FUTURE」というコンセプトが掲げられた本大会は、この大会に参加する全ての人に、未来に出会ってほしいという思いが込められており、2021年に開始されたテクノロジーを活用したアイデアの公募で集まった中から協議や厳しい選考が重ねられた後、AR/VRが採用されることが決定しました。

AR/VRを提供する株式会社ビーブリッジは、「革新的なテクノロジーによって『水泳の未来』をつくりだすことに加え、様々な人々との繋がりを通して「地域の未来」を作り出すことを目標とする大会運営に、テクニカルサポートを通して貢献します。」と発表しています。また、ニューノーマル時代に即した、選手、来場者、観客、競技スタッフ、大会運営者全ての人に向けたサービスを展開予定とのことで、スポーツ業界において注目が集まっています。

ARGO編集部のひとこと

臨場感の演出や情報の視覚化が可能になるAR技術は、これまでにない形でスポーツを体験できる技術として注目が集まっており、現在AR×スポーツ施策は急増しています。最近ではARでアスリートのプレーを体感できるアプリ「アスリートレコードAR」「貼るスタonline AR」サッカー観戦実証実験などの他にも、ARを活用した対戦スポーツ「HADO」も登場しており、今後もARを活用したスポーツ施策が発展していくことが期待されます。

INFO

「第19回FINA世界水泳選手権2022福岡大会」

開催期間: 2022年5月13日(金)~同月29日(日)(17日間)

参加人数:(見込み) 約 190 カ国・地域、約 2,400 人

開催会場:<ウォーターフロントエリア>

・マリンメッセ福岡A館(競泳、アーティスティックスイミング):福岡市博多区沖浜町7-1

・マリンメッセ福岡B館(水球):福岡市博多区沖浜町

・福岡国際センター(飛込):福岡市博多区築港本町2-2

関連リンク

  1. 株式会社ビーブリッジ ニュースリリース
  2. 「FINA世界水泳2022福岡大会」公式サイト

関連記事


東京オリンピックで導入されたARを活用した水泳競技観戦イメージ

東京オリンピックでARを活用したスポーツ観戦が可能に!水泳競技にAR活用


太田雄貴が公開したARで剣先の軌道を表現したフェンシング動画

ARで剣先の軌道を表現したフェンシング動画!オリンピックで放送されなかったAR動画を太田雄貴が公開


ARを活用して中日ドラゴンズのD―LOVE♡6と写真が撮れるフォトフレーム企画

中日ドラゴンズがARフォトフレーム企画を開催!D―LOVE♡6とツーショット撮影が可能に


COCOARバナー画像

ホワイトペーパーダウンロードページはこちら

メルマガ登録はこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、クラウドサーカスが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION

ARGOメディアの掲載のお申込み
ARに関する無料相談