AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

忍者好きにはたまらない!?新ARアトラクション「忍者でばんばんばん」が2019年10月12日(土)にオープン!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2019年10月12日(土)、奈良県奈良市二条にある観光型複合商業施設「ミ・ナーラ」内の屋内型和風テーマパーク「奈良祭都・忍者タウン(以下:忍者タウン)」は、新ARアトラクション「忍者でばんばんばん」のオープンを発表しました。

画面をタップすることで武器の「手裏剣」を投げ、出現する忍者(敵)を攻撃できる

出典:奈良祭都

「忍者でばんばんばん」は、忍者をテーマにしたARシューティング・ウォークスルー・アトラクションです。参加者は端末「秘伝の書」を手に忍者タウンを歩き回り、次々に現れる忍者(敵)を倒しながら、からくり屋敷からの脱出を試みます。

忍者タウン内にあるARマーカーを読み取ると、画面上に忍者が出現。画面をタップすることで攻撃します。制限時間内にからくり屋敷を通過できれば、次のステージやボス戦などの特殊ステージにも挑戦できます。常設型のARシューティング・ウォークスルー・アトラクションの導入は、関西エリア初とのことです。

忍者タウンでは新アトラクションの導入にあわせて、通常当日料金が見直され、大人1,000円(税込)、小人700円(税込)と、さらに楽しみやすい価格になりました。新アトラクション「忍者でばんばんばん」に加え、忍者修行体験、謎解き形式のクイズラリーの3つのコンテンツを体験できます。

ARGO編集部のひとこと

期間限定のARアトラクション企画(『ドラえもん』『ジュラシックドームⅢ』など)だけでなく、近年では常設型のARアトラクションもアミューズメント施設を中心に増えてきました。ARはマーカーを設定するだけで設置が完了するので、施設点検などの手間が省けるメリットがあります。またゲームコンテンツも臨場感あふれる演出ができるので、アトラクションとの親和性は高いといえるでしょう。

INFO

関連リンク

  1. 奈良祭都
  2. 奈良祭都 ニュースリリース

COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION