AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

行政の中心地・霞が関を人気アナウンサー散策気分で楽しめる音声AR、「飯田浩司と行く霞が関・音 さんぽ」が提供中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ニッポン放送の人気番組「飯田浩司のOK!Cozy Up!」のパーソナリティ・飯田浩司アナウンサーと、株式会社やぐらが制作した音声AR『mappee』がコラボし、「飯田浩司と行く霞が関・音 さんぽ」が提供されています。

飯田浩司と行く霞が関・音 さんぽ

出典:ケータイ Watch

『mappee』は位置情報と音声を利用したコミュニケーションARアプリです。 位置情報と連動させて、特定の場所に声を残し、通りがかった別のユーザーに聞いてもらうことや歩くだけで地点に設定された音声コンテンツを即時再生することができます。

「飯田浩司と行く霞が関・音 さんぽ」は、官庁街にも頻繁に取材に向かう飯田アナが、各省庁の歴史や役割といった基本情報だけでなく美味しい食堂やトリビアなどのユーモラスな情報を数十秒の解説でアナウンスします。霞が関周辺に54箇所ものスポットが設定されているため、飯田氏と一緒に散策しているような感覚が味わえます。

ARGO編集部のひとこと

 霞が関という行政の中心地を楽しむことができる本企画で、霞が関の意外な面も見えてくるのではないでしょうか。限定された場所のみで聞くことのできる音声ARが活用されている他例としては、ムーミンバレーパークでのイベントや、友ヶ島第3砲台美術館などがあげられます。

INFO

ARアプリ「mappee」

関連リンク

  1. 飯田浩司と行く 霞が関・音さんぽ -ニッポン放送 Audio Guide Map-
  2. 株式会社やぐら

COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION