AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

鬼怒川洪水を風化させない。下館河川事務所、AR災害体験コンテンツを展示

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

国土交通省・下館河川事務所では、2015年9月に起きた東日本豪雨をARで疑似体験できます。

茨城市内8地点の想定最大浸水状況を目の前で感じることができます。例えば市役所本庁舎では、雨が降り出して浸水1メートルで乗用車が沈み、浸水3.5mで庁舎1階が水没する様子が確認でき、状況が具体的に想像できるよう、AR技術が活用されています。

タブレットを用いた洪水AR体験

出典:建設通信新聞

また、堤防の決壊する様子をVRで見ることができるコーナーや、見る方向を360°自由に変えることができるコンテンツ、決壊した約1年後と現在の堤防の様子をドローンで撮影し比較した映像コンテンツもあります。

3年前と比べながら360度堤防を見回せる

出典:建設通信新聞

ARやVRで切迫した状況を体感することにより、当時の災害を風化させず、意識向上に役立てる方針です。

ARGO編集部のひとこと

近年、気象変動による災害発生件数が多くなっています。ARによる具体的なバーチャル災害体験をすることで、 他人事ではなく自分のこととして、防災意識の向上や災害対策をたてるなどの行動にもつながります。 ARで災害を疑似体験できる事例としては、「浸水を疑似体験できる出前教室」なども挙げられます。

INFO

関連リンク

  1. 産経ニュース『東日本豪雨、VRで体感 下館河川事務所がコーナー新設』(2020年01月09日)
  2. 建設通信新聞(2020年01月09日)

COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION