AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

ウェブAR「2mおじさん」でソーシャルディスタンスを楽しく守ろう!視覚で2mの距離を確認できるARサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

AR技術を活用し、ソーシャルディスタンスを可視化した「2mおじさん」が2020年8月6日リリースされました。同サービスはアプリ不要で、AR技術により実寸大で「2mおじさん」が出現し、ソーシャルディスタンスを楽しく守ることができます。

【2mおじさんとは】

スマートフォンのカメラをかざすと「2mおじさん」がARで出現し、人的接触距離として確保すべき2メートルの距離(ソーシャルディスタンス)をスマホの画面越しに視覚的に確認できるサービスです。ウェブARを採用していることによりアプリのダウンロードを必要とせず、ユーザーはスマホのカメラをかざして「2mおじさん」を自由に動かし、好きな場所に寝かせることで、ソーシャルディスタンスを楽しく確認することができます。

AR技術により実寸大で出現した「2mおじさん」

出典:「2mおじさん」プレスリリース(value press)

  • 【利用方法】

  • ①サイトにアクセスします。
  • ②画面下部に表示されるボタンをタップします。
  • ③「AR起動ボタン」をタップしカメラを起動し、指示通り操作します。
  • ④「2mおじさん」をカメラ越しに表示させ、寝転ばせます。
ウェブARで「2mおじさん」を出現させる手順

出典:「2mおじさん」プレスリリース(value press)

【SNSで共有】

スクリーンショットも撮影できるので、ハッシュタグ「#2mおじさん」をつけてSNSで共有するという楽しみ方ができます。
またTikTok・Twitterに「2mおじさん」の専用アカウントもあり、愛くるしい日常が発信されています。

その他にも「2mおじさん」には色々な楽しみ方があります。

「2mおじさん」の楽しみ方

出典:「2mおじさん」プレスリリース(value press)

「楽しんで守るソーシャルディスタンスを。」をコンセプトに活動する有志のチーム「ソーシャルディスタンスを楽しんで守る会」によって開発された「2mおじさん」。開発者は「おでかけの際はぜひ2mおじさんを呼び出してみてください。人との距離を保つことはもちろん、意外な発見があるかもしれません。」とコメントしています。

ARGO編集部のひとこと

人との距離を保たなければいけない生活はこの先しばらく続きそうですが、実生活の中で目視だけでソーシャルディスタンスを計測するのはなかなか難しいです。そこでAR技術を活用し、非接触で気軽にソーシャルディスタンスを計測できるツールは昨今増えており、Googleの「Sodar」や株式会社ルーキングの「ARソーシャルディスタンス」がその例です。「2mおじさん」はそこにエンターテインメントの要素も加わり、SNSで共有できることによる拡散力もあるので、withコロナ時代にどのような力を発揮するのか期待が高まります。

INFO

関連リンク

  1. ソーシャルディスタンスAR「2mおじさん」公式サイト

関連記事

やってみた記事「AR×コロナ感染対策 10選」のカバー画像

ARでwithコロナ時代を安心に!感染対策に活かせるAR10選

関連会社Mtameの通常ロゴマークとソーシャルディスタンスロゴ

ソーシャルディスタンス啓蒙のためウェブAR「LESSAR(レッサー)を期間限定で無償提供。ウェブセミナーも開催」

店内で「ARメジャー」を利用した様子

空間認識を活用したウェブAR「ARメジャー」でソーシャルディスタンスを確保しよう


COCOARバナー画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。

SOLUTION