AR(拡張現実)のトレンド・事例がココにアル「アルゴ」

TOP > MEDIA > やってみた > 「AR」が世の中に広まった背景とは?拡張現実の歴史をたどる

「AR」が世の中に広まった背景とは?拡張現実の歴史をたどる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「AR:拡張現実」の始まりとは

ARとは「Augmented Reality(オーグメンテッド・リアリティ)」という英語を省略した言葉で、日本語では「拡張現実」と呼ばれています。「現実を拡張する」という考え方自体が生まれたのは、1901年に「オズの魔法使い」で著名なアメリカの作家Lyman Frank Baum氏が、『マスター・キー』という長編小説の中で「人物の額の上に、その人の性格が表示される」という眼鏡を登場させ、後の時代から見ると、このアイデアがARの起源であったようです。

「AR」と似た存在として「Virtual Reality(仮想現実)」が挙げられますが、VRは仮想の世界の中に自らが入りこむような状態や、環境を作り出す技術に対し、ARは現実の世界をメインとし、一部に仮想の情報を出す状態や技術のことを指す、という点に違いがあります。

「Virtual Reality=VR」という言葉は、1989年にアメリカの科学者Jaron Lanier氏によって、また「Augmented Reality=AR」は翌1990年に航空機技術者Tom Caudell氏によって作られて以降、だんだんと技術が広まり人々に認識されていきました。

1990年代、進む「AR技術」の開発

ARという言葉ができて以降、1992年には米空軍・Armstrong空軍研究所が、航空機パイロットの操作能力を向上させるために「Virtual Fixtures」というARシステムを開発しました。

また、翌1993年にはコロンビア大学が、機器の修理やメンテナンスをおこなうためのARシステム「KARMA」を発表。ヘッドマウントディスプレイを装着すると、修理すべき部分がCGで表示される画期的なシステムでしたが、超音波センサをすべての対象物に取り付ける必要があり、実用化には課題があったようです。

2000年代、「ゲーム分野」にARが登場

2000年には、南オーストラリア大学の研究室の試作機として、ノートパソコンを背負い、銃型のコントローラで現実世界に現れるモンスターを倒していくARシューティングゲーム「ARQuake」が開発されました。

日本でもARを使ったゲームが登場してきます。2007年には、トレーディングカードゲームとテレビゲームが融合したPLAYSTATION 3用ゲーム「THE EYE OF JUDGMENT」が、ソニー・コンピュータエンタテインメントから発売されました。ゲームソフトに付随する専用のUSBカメラでトレーディングカードを読み取ると、ゲーム画面にリアルタイムでキャラクターが表示され、視覚的にバトルを楽しむことができました。

出典: Sony Interactive Entertainment

2009年、GPS型の『セカイカメラ』登場

日本では2009年に、GPS機能を使って現実空間にある「エアタグ」という情報のARを表示するアプリ「セカイカメラ」が頓智ドット社から登場しました。当時、QRコードが主流となっていた日本では、マーカーを読み取ってARを表示する方法が増えていたものの、エアタグはGPS機能によって特定の場所に固定されるARで、アプリリリースの2009年9月24日から4日後には、セカイカメラのダウンロード数は10万を超え、2014年のサービス終了までに300万ダウンロードを超えました。

2014年、「エアタグ」の人気と、終了に至るまで

「エアタグ」は、スマートフォンや携帯電話から誰でも登録することができる上、Twitterと機能が連携されていたこともあり画像投稿が盛んになりました。自分以外の誰かが作ったエアタグを誰でも投稿・閲覧でき、エアタグに対する感想の返信もできるというコンテンツの共有感も特徴的でした。「実際の場所に行かないとエアタグの投稿や閲覧ができない」という特性から、リリース後は多くのイベントも開催され、世界のトレンドになっていきました。

出典:ITmedia エンタープライズ

しかし、サービスが人気になるにつれて、ユーザーから投稿されたエアタグの数は膨大なものとなり、投稿が集中した場所では情報が集まりすぎて読むことができない状態にまで及ぶ場所も現れ、さらにGPSの精度も現在ほど高くなかったためにエアタグが本来の位置から外れた場所に配置され、情報として機能しなくなってしまったのです。

サービス当初は今までにない新しいアプリとして注目されたセカイカメラでしたが、人の行動範囲内で利用するだけではだんだんと新鮮味もなくなったのか、日常的に使われることが少なくなっていきました。また、当時はスマートフォンが普及し始めていた頃だったため、エアタグを投稿するために「街なかでデバイスをかざす」という行動が不自然に映ることもあったようです。やがてセカイカメラは2011年から徐々にサービスを縮小、エアタグの総投稿数は150万件に及んだものの、2014年にはすべてのサービスを終了しました。

2010年代前半、「ウェアラブルデバイス」のリリース開始

頭に装着するタイプのヘッドマウントディスプレイや、腕時計や眼鏡型のウェアラブルデバイスを使用したARの開発も進んできます。2013年には、Googleが眼鏡型の「Google Glass」の開発を発表。着用すればいつでもインターネットに接続でき、天気、交通情報や店舗情報など日常生活に役立つ情報を表示する展望がありましたが、プライバシー侵害等の問題が取りざたされ、2015年には開発を中止しました。現在は一般への普及ではなく、建設や医療の分野で現場作業を補助するためのデバイスを目指してプロジェクトが移行し、開発が続いています。

出典:JapaneseClass.jp

スマートフォンに取って代わる次世代型デバイスとして注目を集めるウェアラブルデバイスは、2015年にマイクロソフト社からも「HoloLens」が発表されました。没入感のある体験だけでなく、作業効率の向上や共同作業における意思疎通のしやすさを提供するために開発されたHoloLensは、音声認識やハンドジェスチャで操作できるARとして注目を集めました。

出典:engadget

2016年、『Pokemon GO』の大ヒット

2016年には、ARを使った位置情報ゲーム「Pokemon GO」がNiantic社よりリリースされ、世界中にポケモントレーナーが現れました。世の中に「AR」という言葉を広め、リリースから2年が経った2018年10月には、世界150カ国以上で8.5億ダウンロードを突破し、現在でもその熱狂は続いています。

出典:Stuff

Pokemon GO以降も、「妖怪ウォッチ ワールド」のリリース、「ハリー・ポッター:魔法同盟」のリリース予定など、現実世界を舞台とするARゲームが登場しています。

今や生活の一部となりつつある「AR」

アプリやゲーム、デバイスの登場により、ARが少しずつ一般にも認知され、生活のあらゆる場面でARの利用が増えています。 例えば、「地図」や「外国語」が読めなくてもARがナビゲーションをしてくれることで道に迷わなくなったり、ARで化粧品の試し塗りができることで化粧を落とす手間が省けたり、店舗に行かなくても家具を部屋に配置したときのイメージができたりと、ARの登場によって便利な世の中になってきています。

「AR」という技術が登場しておよそ30年、その間に大きな進歩を遂げてきたARが今後はどのような発展を遂げていくのか、期待が高まります。

INFO

「AR」の現在と未来について
  1. 「AR開発者は情報の次元を超えろ」ARおじさんに聞くARのイマとミライ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ABOUT ARGO

ARGO(アルゴ)とは、スターティアラボが運営するAR情報配信メディアです。AR(拡張現実)と、行こうを意味するGOをかけあわせてARGOと名付けました。ARに関するトレンドや事例、海外情報、実際のAR体験レポートなどのコンテンツをお届けします。